about

 

 

 

 

三宅宇太郎

アートディレクター/グラフィックデザイナー

1984年栃木県益子町生まれ。株式会社アドビジョン、株式会社浅葉克己デザイン室などを経て2011年よりフリーランス。企業やプロジェクトのアートディレクション、ポスター、ロゴや装丁等を手がける。現在公開中の映画「禅と骨」劇中のタイプディレクション・デザインを手がける。 JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)会員

・Graphic Design in Japan 入選(2015/16)

・東京TDC賞入選(2010/12/13/14/16)

・世界ポスタートリエンナーレトヤマ入選

 

作品掲載多数

『MDNデザイナーズファイル』掲載(2014/16/17/18)

『実例つきロゴデザイン』(パイインターナショナル/2018)

『1枚で情報を伝えるデザイン』(パイインターナショナル/2018)

『文字のレイアウトで魅せる広告デザイン』(パイインターナショナル/2018)

『デザイン・メイキング152』(MDN出版/2017)

『ブレーン8月号2017』(宣伝会議/2017)

『デザイナーのアイデア戦略』(MDN出版/2017)

『デザイナーのラフスケッチ』(MDN出版/2016)